能楽笛方 栗林祐輔 ホーム »2011年03月
2011年03月の記事一覧

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

喜多流自主公演  

26日土曜日は喜多流青年能でしたが、27日日曜日は喜多流自主公演です。
私は二番目「源氏供養」を勤めます。

個は個の中において尊重され・必要とされることはあれど、全体の中では無力です。
今回のような地震では個は全く無力だということを認識させられました。
一つ一つの物質・生命は地球そのものに飲みこまれてしまいます。

人類最大の発明「株式」・人類最大の発見「複利」
これによっていかに命と向き合えるか、今後の課題であると思われます。

スポンサーサイト

category: 催し

tb: 0   cm: 1

喜多流青年能  

3月26日(土)は目黒の喜多能楽堂で喜多流青年能が開催されます。
宝生流五雲会が延期になったため、宝生流月並能以来の舞台です。
私は初番「桜川」を勤めます。

桜川は私の好きな能の一つです。
子供と生き別れになり<精神的に不安定になった女性の物語「狂女物」>などは能でしか為し得ない物語だと思うのです。
今なら女性蔑視などでフェミニズム団体から猛烈に抗議を受けそうですが、そういった物語を舞台芸術にまで昇華出来ることが「能」なのだと思います。
他のどんな舞台芸術でも出来ない物語、これが「能」の魅力の一つです。

もう一番「猩々乱」があります。
これを演ずるとプロフィールに記載出来る、それほど難しいものです。
ぜひ猩々が酔って「乱れた」様子を観て下さい。

category: 催し

tb: 0   cm: 1

お稽古中止  

本日は稽古日でしたが電車の運行状態が不安定な為、先週に引き続き中止とさせていただきました。
来週には良くなっていることを期待します。

一人ひとりが立ち止まることなく、自分の仕事を続けていくことが一番重要なことだと思います。
ということで、自宅で出来る仕事をしております。
放射能はどのみち自宅にいても防げませんので、「その時」が来ないことを祈っております。

そんな中嬉しい知らせも。
狛江能楽普及会として狛江市でも活動しておりますが、狛江エコルマホールのロビーコンサートが決定いたしました!
エコルマホール
残念ながら明日のロビーコンサートは中止になってしまったそうですが、僕たちのロビーコンサートは
2011年7月8日(金) 13:00~14:30 エコルマホールロビー
に決定いたしました。
入場料は全席自由の¥1000です。

出演者 
謡・舞 中村昌弘  シテ方金春流
笛   栗林祐輔  笛方森田流
小鼓  鳥山直也  小鼓方観世流
大鼓  大倉慶乃助 大鼓方大倉流
太鼓  大川典良  太鼓方金春流


です。

若手能楽師が「能楽の魅力を凝縮したプログラム」で、気軽に来ていただけるロビーでコンサートを開催します。
小田急で新宿から少し足をのばし、是非狛江駅前までお越し下さい!
IMG_5945.jpg
または飛んできてね!

category: 催し

tb: 0   cm: 1

能楽公演中止相次ぐ  

余震と放射能の恐れが日本全体を覆う中、やはり能楽公演は中止が相次いでいます。

昨日の国立能楽堂「能楽研鑽会」は開催されましたが、お客様は案の定2~3割程度の入り。国立能楽堂の今月の主催公演はすべて中止となりました。僕も今週土曜の宝生流五雲会が中止になったとの連絡がありました。

芸能というのはやはり「衣食住」の上に成り立ちます。
しかし古代壁画に識られるように、「ヒト」として生きていく上、過去、芸能は現在の「衣・食・住」と同等・あるいはそれ以上に重要なことだったということが伺い知れます。
それは「ヒト」が「人」としての叡智を超えたところに「神」を見出し、新たな思考層というものを獲得したことに他なりません。

どんなに「思った」としても過去も未来も変わりません。
こんな時は「ヒト」が獲得した最後の未来時考「行為」としての「祈り」を行いましょう。

すべての「モノ」に役割があるよう、人としていきなり『社会活動』を止めることが最善の策とは思えません。
地の鳴動と電磁波の嘆きを、これら『社会的リスク・今までの生活・未来の健康』としてのバランスで秤り、やはり僕は今、東京での『社会活動』を行うことに致します。
IMG_2303 4
2010年4月2日自宅近所 祖師谷商店街の桜

※最近の画像はクリックすると大きくなります。(縦長の画像はならないのもあります)

category: 催し

tb: 0   cm: 1

能楽研鑽会  

昨日は無事宝生流月並能「野守」を勤めさせていただきました。
昨日は電車が止まっていたということはありませんでしたので、スムーズに水道橋に到着致しました。

本日14日は午後4時より能楽研鑽会が開催されます。
電車が区間限定運行になっていたりしますが、予定通り開催するとの連絡がありました。

私は舞囃子「邯鄲」を勤めさせていただきます。
最寄駅まで電車が来ておりませんので、隣の駅まで歩いて行こうと思います。 

こんな状況ですがやみくもになんでも中止にするのではなく、出来るなら通常と同じよう仕事をすることが経済全体にとっても大切なのではと思います。
もちろんある程度の備えは重要だと思います。

category: 催し

tb: 0   cm: 1

宝生流月並能  

みなさん地震ご無事でしたでしょうか?
僕は金曜日、本日の宝生流月並能の申し合わせが終わり、帰宅して20分ほどしたとき地震が起こりました。
最初はおおっ!と思っただけですが、だんだん強くなりこれはまずい!と思いながら棚を抑えておりました。
幸い地震対策の突っ張り棒を、すべての棚に取り付けており倒れることはありませんでした。
本が棚から飛び出すこともありませんでした、が、水槽から豪快に水が飛び出し、床が大湿原と化しました。

さて、本日3月13日これから月並能に出勤してまいります。
僕はトメの野守 シテ高橋亘を勤めます。 

category: 催し

tb: 0   cm: 1

喜びの島  


2007年11月6日新島

希望と不安とに満たされた喜びの島へ。

category: 写真

tb: 0   cm: 1

欲求の段階  

IMG_0315.jpg
2009年11月神奈川県ろう学校にて

あまねく欲求の段階と必ず経る道へ。

category: 写真

tb: 0   cm: 0

まずは声から  

_MG_5160謡
2011年3月7日 根岸なつかし公園旧柳下邸

まずは体から始まる。音を発し吸収する。

category: 写真

tb: 0   cm: 3

見晴らす作業場に  

_MG_5067.jpg
2011年3月5日新潟県

作業とは常に孤独に。

category: 写真

tb: 0   cm: 1

礎の月日  

霊泉寺
2011年2月18日 長野県霊泉寺温泉

時日を経た礎に命を終えた葉。月と日の水に満たされる。

category: 写真

tb: 0   cm: 1

白という反射  

_MG_4183.jpg

白という色の花。様々な角度から反射する。

category: 写真

tb: 0   cm: 1

枯れた細胞  

_MG_4319.jpg

細胞は枯れ無限の美を得る。

category: 写真

tb: 0   cm: 1

プロフィール

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。