能楽笛方 栗林祐輔 ホーム » 催し »喜多流自主公演

喜多流自主公演  

26日土曜日は喜多流青年能でしたが、27日日曜日は喜多流自主公演です。
私は二番目「源氏供養」を勤めます。

個は個の中において尊重され・必要とされることはあれど、全体の中では無力です。
今回のような地震では個は全く無力だということを認識させられました。
一つ一つの物質・生命は地球そのものに飲みこまれてしまいます。

人類最大の発明「株式」・人類最大の発見「複利」
これによっていかに命と向き合えるか、今後の課題であると思われます。

スポンサーサイト

category: 催し

tb: 0   cm: 1

コメント

風の前の塵に同じ存在も、塵も積もれば山となるかと。
個に尊重され得るならばその個に安らぎを与え、おのおのが個に笑みを戻す事ができたならば、それは大きな力ともなりましょう。
妙なる調べは聴くものの傷を癒やし、暖かな日差しをもたらします。個の集合体である聴衆へ、そしてその個に関わる個へ、あまねく光を差し掛けられる可能性をお持ちではありませんか。
奏でるものの心にこそ『個』である私は安らぎを願っています。

仁 #Ctw2G0tM | URL
2011/03/27 04:27 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuriku77.blog75.fc2.com/tb.php/134-d40308a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲ Pagetop