能楽笛方 栗林祐輔 ホーム » スポンサー広告 » 催し »7日霊仙寺湖薪能

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

7日霊仙寺湖薪能  

7日長野県飯綱町にある霊仙寺湖で毎年開催される薪能に出演してまいりました。
霊仙寺湖は長野駅の北約15kmにある人造湖で、蕎麦と忍者で有名な戸隠の近くにあります。
今回の演目は戸隠のご当地ソング「紅葉狩」でした。
今回は新幹線と在来線を乗りついで行きましたが、本当に長野も近くなりました。
私は小学校5年生まで善光寺近くの三輪小学校という小学校に通っていました。
三輪小学校の校歌のメロディは今でも覚えています。
善光寺の境内で遊んでいた記憶があります。
千曲川では魚を手づかみで捕ったりしていました。田んぼにはタニシが沢山いました。
もう何年前になるか忘れましたが、信濃毎日新聞の取材を受けたこともありました。
IMG_4770.jpg
牟礼駅 

長野県には「北信流」という謡の文化があります。
牟礼駅から乗ったタクシーの運転手さんも「ここらへんはなんでも謡だから」とおっしゃっていました。
能楽文化が根付いている長野ですが、能楽囃子の魅力を知っていただく機会を持てたらと考えています。

IMG_4795.jpg
解説をする津村禮次郎師。小学生による狂言も披露された。

IMG_4812.jpg
ツレのK田師。出演前。
スポンサーサイト

category: 催し

tb: 0   cm: 3

コメント

お疲れ様です

野外公演が本来の姿であったと講座でうかがいましたが、しかし昨今の太陽の暴挙は並ではないですよね…。昔にここまで条件の悪い舞台があったのでしょうか、などと考えてしまいます。

長野はとても好きな土地です。なぜこんなに惹かれるのかは分かりませんが、恐らく馬がうじゃうじゃいるからでしょう。高原の野外騎乗の爽やかさは今までの経験からすると信州が一番です。牛に引かれて善光寺参り、と申しますが、さしずめ私は馬に引かれてでしょうね。

初めての一人旅も信州高遠でした。春の高遠小彼岸桜が有名ですが、新緑の高遠も静かで良いものでした。涼しいためか、5月中頃でいまだにウグイスが囀っていました。

信州蕎麦のこしのある素朴な味も私の好みに合っています。…もしや私のルーツは信州か!?

仁 #Ctw2G0tM | URL
2010/08/08 09:23 | edit

雲仙寺湖薪能ステキですね!

栗林先生は多方面にご活躍されていて素晴らしいですね!
薪能は囃子方にとっていかがなものでしょう?
やはり屋外の舞台は神聖さが増すのでしょうか?

長野の善光寺には以前一度行ったことがありますが、善光寺参りとしてまた今月末に行く予定です。
本当に参拝客が多い、観光地となってしまいましたが、本来のお寺の姿としてはこのように薪能を開催したり、先祖の供養をするために活かされてほしいと願っています。

風流な薪能、大好きです!
しかしこの美しい舞台を五感で感じられる舞台はそう滅多にありません。
演目や演者、景観、天候、気温、照明、音響、様々な要素がそれぞれに良い味を引き出せたらいいのですが・・・。
なかなか思うようにはいかないのが舞台の難しいところですね。

おてんば娘 #7RhlQ4fI | URL
2010/08/10 12:19 | edit

No title

屋外の能は好きです。
天候に左右されますが、火を焚いたり出来るところはやはり魅力だと思います。
雨天で室内で開催となるとやはり悲しいですよね。
外での雰囲気が大切なわけですし。

長野へ行かれたら、時間がありましたら戸隠へ行って蕎麦を食べてみて下さい!
もちろん善光寺周辺でも食べられますが、ちょっと足を延ばすと別世界ですよ!

栗林 #- | URL
2010/08/10 15:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://yuriku77.blog75.fc2.com/tb.php/33-b4cb2dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Twitter

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

▲ Pagetop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。